事業紹介

 

製材事業

製材事業
 
丸太の仕分け
山から運び出した丸太を社内の土場で仕分けます。
自社で製材する丸太、他社に販売する丸太に仕分け、自社で製材するものに関しては樹種やサイズによって仕分けます。
 
製材
仕分けた丸太を帯鋸で製材します。
この工程では仕上げの寸法よりも大きく挽きます。
これは製材後の乾燥による縮みや反りやねじれを後の工程で修正する余裕をもたせるためです。
 
乾燥
製材した材木は水分をたくさん含んでいるので乾燥させる必要があります。
木材は乾燥する過程で縮んだり、反りやねじれが生じます。
建築してから上記の問題が起こっては困るので、この工程で予め乾燥させます。
乾燥方法は、乾燥機による人工乾燥と、風通しのいい場所に数か月間置いておく天然乾燥の2つがあります。
 
 
モルダー掛け
製材・乾燥後の材木は寸法が縮んでいたり、反りやねじれが生じている場合があります。
これはモルダー掛けという工程により、材木を数mm削ることで寸法を正確に合わせ、反りやねじれをとります。
この工程を経ることで、ザラザラの木材からツルツルの材木になります。
 

プレカット事業

プレカット事業
 
横架材加工
プレカット加工機で土台・梁・桁等を加工します。
 
柱加工
プレカット加工機で柱の加工を行います。
 
羽柄加工
羽柄加工機で筋交、間柱、垂木、破風板を加工します。
 
合板加工
床合板、野地板の加工を行います。
 
仕上げ加工
和室の柱など、見えるように使う材料を化粧材と言います。
化粧材は加工の最終工程で仕上げ加工を行います。
ベルトサンダーや超仕上げ加工機により材料の表面が綺麗に見えるよう加工します。
qrcode.png
http://www.yanagawa-yanazai.co.jp/
モバイルサイトにアクセス!
ア​ク​セ​ス​
<<株式会社柳川製材所>> 〒428-0006 静岡県島田市牛尾976-4 TEL:0547-46-1125 FAX:0547-46-1127